ホームメイド他人じゃなくホームメイド家族になろう:ホームズの家族☆ホームズでホームメイド他人じゃなくホームメイド家族になろうを解説!



トップ>カテゴリ: 家族☆ホームズ >ホームメイド他人じゃなくホームメイド家族になろう

2006年06月27日

ホームメイド他人じゃなくホームメイド家族になろう

ホームズ、今日の「とっておき話」の
ホームセンターからは・・・


なぜこんなに簡単に人を殺せるのか・・・

なぜ年端もいかない
小さな子供を欲望の対象にして
しかも殺害するのか・・・

世紀末であるかのように「悪魔」が
跳梁跋扈している。
映画の「ホラー」など及びもつかない現実が
すぐ近くにあります。

キリスト教ユダヤ教的にみれば
僕たちは
もともと罪(原罪)を担って
生まれついてます

人類最初の犯罪は窃盗でも強盗でも
傷害でもなく、「殺人」でした。
それも、兄による弟殺し
創世記第4章8節以下参照
しばしば小説や映画の題材にもなった
カインとアベル」の物語ですね。

そのよう遺伝を受け継いだ
人間の宿命なのでしょうか?

それにしても、こうも簡単に、
しかも連続で
親が子を、
子が親を殺害する
という事件が発生するのは
異常なことです。

血縁関係や肉親意外での殺人事件は、
そこに怨恨や愛情のもつれや金銭欲などがからめば
残念ながら起こりえる可能性はありえます。


しかし家族に対して・・・?

家族だからこそ日常接しているので、
ストレスや精神的抑圧から逃れられずに、
犯行に至ってしまうのではという見方も
確かに一方ではある。

でもなぁ。

どんなに「殺意」が生じたとしても、
「実行」するのか、
そんなに簡単に、
という思いは捨て切れません。

家を出る、逃げ出す、どこかに駆け込む、

・・・

肉親を殺して、
一生涯罪の世界を放浪するなら
いくらでも方法あるでしょうに。

・・・

結局、

「家族」ではないんだね。


一応同じ苗字で、同じ家に住んで、
同じ釜の飯食っても、
「他人」が集まった他人の寄り合い、
仮面家族だったのだとしか思えません。

「他人」だから、
先に書いたように、
怨恨や保険金の金が動機で
ちゅうちょせず殺害できるんです。

思えば、血が通っているから「家族」
なのではなく、
それをベースに「育てていく」ものが
家族
なのではないでしょうか。
育児の重要性が叫ばれるゆえんです。

確かに週に何度か
家族で「食卓」を囲んでいる
というご家族は多いでしょう。
夕食は絶対家族そろってという
ご家庭
もあるでしょうね。

でも会話はありますか?
特に、子供の話に付き合うのって、
けっこう根気要りますよね

TV見たいのになあ、
野球見たいのになぁと
思いながら適当なあいづちうって
ごまかしてること
多くありませんか?

年に何回か家族で旅行してる、と
自慢する友人も多い。
でも、子供が望んでるのは遠出する旅行より、
家の前でのキャッチボールだったり、
公園でのサッカーボール蹴りだったり
ままごとだったりしませんか?


一応血が通った子供だから、
そこそこ愛情は感じるけど
自分の生活ペースや
楽しみは削らないという「個人主義」の
大人が増えてるようにも思えます。

初めは「家族」だったのに、
「家族」から「他人」になっていくのかな・・。


「生まれてきてありがとう」


雅子妃殿下が愛子様ご誕生の際に思われたこの
お気持ちは、僕たちもきっとわが子誕生のときに
思ったはず。

「愛し、愛される」ことが育っていったら、
家族への不満もストレスも
絶対殺意になどならないと
強く思います。

そのような自戒の思いを込めて、
今日の記事を書きました。

久しぶりに眠っている子供の顔を
じっと見つめながら・・・。

 


 


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Categories
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク