ビスタに使えるフラッシュメモリー:ホームズのパソコン☆ホームズでビスタに使えるフラッシュメモリーを解説!



トップ>カテゴリ: パソコン☆ホームズ >ビスタに使えるフラッシュメモリー

2007年03月05日

ビスタに使えるフラッシュメモリー

ホームズ、今日の「とっておき話」の
ホームセンターからは・・・


Windows Vista は、多くの機能を備えていますが、逆にパソコンに求めるスペックが相当高いのが事実です。例えば、売りの一つであるインターフェース「Windows Aero」(エアロ)を実現するためには、多くのメモリーを必要とします。(メモリー容量が少ないと、動作が遅くなることがあります。)エアロで1Gバイト、十分なパフォーマンスを得るにはそれ以上は欲しいといわれています。

そこで、使えるのがUSBフラッシュメモリー

Vistaには、「Ready Boost(レディブースト)」と呼ばれる機能が搭載されています。(外付けのフラッシュメモリーやExpansion カードメモリーなどをメモリーとして、つまりシステムキャッシュ領域として利用できる機能)この機能を利用することで、パソコンのパフォーマンスを落とさずに、高速化することができるのです。

ただ、どのフラッシュメモリーでもいいということではありません。Windows Vista のベーシックロゴや「Ready Boost対応」などの表記が記載されている、レディブースト対応のUSBフラッシュメモリーをお求めください。家電量販店にあるので、分からなければ店員さんに聞いてみるのがベストです。

以下にフラッシュメモリーを実際に用いた手順やテスト結果がありますのでご覧ください。


トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by toto   2007年03月08日 12:17
こんにちわ。
ビスタパソコンはけっこう容量が必要みたいですね。
XPがまだまだ使えるみたいなので、もうちょっと今のPCでがまんしてみます。

2. Posted by ホームズ   2007年03月12日 08:47
4 こんにちわ。
返事が遅れてごめんなさい。
XPのサポート期間を延長したことで、
まだまだXPにがんばってもらおうと思った人が増えたのでしょうね。
それと、最初はバグなどもでると思うので、もうしばらくして、落ち着いてから購入しようとしている人もいるのだと思いますよ。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Categories
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク