靖国☆ホームズをホームズがこのブログで語ります!靖国☆ホームズはおまかせください!!



トップ>カテゴリー:靖国☆ホームズ

靖国☆ホームズ

靖国☆ホームズについてのページです。
靖国☆ホームズについて新着順に記事を並べています。

靖国☆ホームズ

2006年08月16日
靖国神社と朝日の社説

ホームズ、今日の「とっておき話」の
ホームセンターからは・・・

国の命令で尊い命を犠牲にした人たちに、国家が最
高の礼を尽くそうとすること自体に反対する人はい
るのだろうか?

参拝する首相














無論、100人いればその中に、反対する人が必ず
いるのはやむをえないのですが、もし、外国初め、
それがことさら非常識なことでない限り、そうした
慰霊の行為は当然のことです。
まして、日本国は、菅原道真の例を引くまでもなく
特に、
咎なくして死んだ人の怨霊を恐れる怨霊信仰
の国であり、そうした人たちをどう慰霊するかは、
国家として最重要な問題
であったのです。


ではなぜ靖国神社参拝に反対するのか。

○ 中国韓国が反対し国益に反するから

つまるところこれなのでしょう。朝日新聞の16日
社説から引いてみます。

>
首相はきのう、参拝反対論にこう反論した。「突き
詰めれば中国、韓国が不快に思うことはやるなとい
うことだ」

首相の目には、日本国内にある反対の広がりが見え
ないのだろうか。

首相は、こうした声をすべて中国や韓国に媚(こ)
びる勢力とでも言うつもりなのだろうか。「いつも
批判する勢力」と切り捨てようというのか。
>

参拝した小泉総理顔写真

 

 

 





日本人はきわめて、非戦闘的な人種で、聖徳太子が
喝破したように「和」を何よりも重んじる国民です。
圧倒的なマスコミという権力を握り、800万読者
を抱える朝日新聞や、一見知的なイメージの筑紫哲
也キャスターなどにより、日ごろから、反靖国の一
大キャンペーンを張られたら、ほとんどの国民は
「そこまでして参拝しなくても。」という感想を持
つのではないでしょうか。
しかし、戦後のこの問題に対するきちんとした流れ
や説明が与えられれば、多くの国民が朝日や筑紫に
反する結論を導きだすのは間違いないと信じます。


ではこの2カ国や、朝日などはなぜ、反対するので
しょう。
それは「いわゆる」A級戦犯が合祀されているので
そこに首相が参拝するという行為は、先の戦争を正
当化する、というのが「表向きの理由」なのでしょ
う。

>
首相は「A級戦犯のために行っているんじゃない」
と言う。これが国内的にも国際的にも通用する理屈
ではないことを首相はついに理解しようとしなかっ
た。
>

・・・首相は何度も、特定の方をお参りしているの
ではないと、説明していますが、この2カ国も、朝
日新聞も決して聞く耳は持ちません。
あまつさえ、この社説では、「国内的にも国際的に
も通用する理屈ではない」と、一体何を根拠にする
のかを示さないまま言い切る暴論を展開しています。

そこで、戦犯と呼ばれた方々が、戦後のわが国の国
会での全会一致での決議等を通して、
名誉を回復
された事実や、戦争責任者(戦犯ではない)として
の罪はその死をもって償っていること、この
死生観
日本人固有の文化であり、哲学であることを説
明することとなるわけですが、これについても中韓、
朝日は絶対に納得しません。「
靖国参拝は日本軍国
主義の復活
」という、とんでもない誤った認識をわ
ざと声高に叫ぶのです。
靖国を参拝した首相の誰
が、そうした軍事国家を目指したのでしょう? 
具体的に指摘して欲しいものです。
中国の果てしない軍拡や核の保有には、やたら理解
を示す朝日新聞が、ここまで自国民を責め続ける意
図は何なのでしょうねー?。

続きを読む
2006年08月05日
靖国参拝への朝日の干渉

ホームズ、今日の「とっておき話」の
ホームセンターからは・・・

亀田興毅の世界戦に対する反発その2を載せる予
定でしたが、4日付け朝日新聞社説が、なかなか
挑発的で素敵でしたから、まずこっちを先に書い
てみました。
タイトルは「靖国参拝 嘆かわしい首相の論法
です。こりゃ、読み応えある社説だぞ〜。


まずここから朝日の4日付け社説をどうぞ。

そして次にここから、
朝日が批判した小泉メールマガジンをお読みにな
って下さいませ。

靖国

 

 

 


>
そのなかで「私の靖国参拝を批判しているマスコ
ミや有識者、一部の国」に、こう反論している。
「戦没者に対して、敬意と感謝の気持ちを表すこ
とはよいことなのか、悪いことなのか」

悪いなどとは言っていない。私たちを含め、首相
の靖国参拝に反対、あるいは慎重な考えを持つ人
々を、あたかも戦没者の追悼そのものに反対する
かのようにすり替えるのはやめてもらいたい。
>

朝日こそしっかり文章を読んでいないのだろうか。

この
「戦没者に対して、敬意と感謝の気持ちを
 表すことはよいことなのか、悪いことなのか」
というくだりは、
「(反対の人たちは)中国(のような一党独裁
 の、同じ価値観を共有できない国家)が、嫌が
 るからしないほうがいい。」と言っているよう
 に聞こえるが、そうしたマスコミや識者の方々
 は、「思想や良心の自由のない共産国家に賛同
 し、戦没者に対してもそのような振る舞いをす
 ることに賛成するのか?」
と問うているのです。

だから、ここでは朝日のような答え方ではなく、
中国とのからみで返答すべきなのです。感情的に
すり替えをしているのは朝日新聞です。

>
首相はこうも述べている。「私を批判するマスコ
ミや識者の意見を突き詰めていくと、中国が反対
しているから靖国参拝はやめた方がいい、中国の
嫌がることはしない方がいいということになる」
これもはなはだしい曲解である。
>
 
で、靖国参拝の反対の理由は何なの、と期待して
読むと、

>
それは私たちが参拝に反対する理由のひとつに過
ぎない。首相の論法はそれを無理やり中国に限定
し、「中国なにするものぞ」という人々の気分と
結びつけようとする。偏狭なナショナリズムをあ
おるかのような言動は、一国の首相として何より
も避けるべきことだ。
>

だ〜から〜、他の理由をきちんと挙げてくれい、
と言ってるのに。
で、ついでに言うと、
偏狭なナショナリズムをあおるかのような言
 動は、一国の首相として何よりも避けるべき
 ことだ。
」という部分は、それこそ中国共産党
に言ってちょうだいね。
すさまじい反日デモによる大使館破壊の修理などは
一体その後どうなったのでしょうね。

>
中国や韓国がA級戦犯を合祀(ごうし)した靖国
神社への首相の参拝に反発している。
>

相変わらずのいいがかりです。昭和53年(19
78)に、いわゆるA級戦犯を合祀したのですが
反発して騒いだのは、朝日新聞はじめ左翼マスコ
であり、合祀後も、大平首相3回、鈴木首相8
回、中曽根首相が9回参拝しています。
中国や韓国は騒いでなどいないのです。(だか
らこれだけ歴代総理が参拝できたんでしょうが)

こんな事はもう何度も指摘されていることなのに
何で学ぶべき事をしないのかな。

>
あの戦争を計画・実行し、多くの日本国民を死な
せ、アジアの人々に多大な犠牲を強いた指導者を
祀(まつ)る神社に、首相が参拝することの意味
>

ここも何度も指摘されている。日本国民の総意で
「戦犯」は存在しない
のです。また、多くの日本
人の死生観から、中国のように、死してなお、遺
骨をあばくような所行は潔しとはしないのです。
中国の属国なら別でしょうが。まして、外国から
この人間の慰霊はしてはいけない、などとの強制
を受けるいわれはありません。元寇で侵略したク
ビライ(フビライ)に関する史跡は、一切訪問し
てはいけない、とか、毛沢東を崇拝するななどと
われわれが言っても良いのでしょうか?

続きを読む
2006年07月22日
靖国と昭和天皇メモ

ホームズ、今日の「とっておき話」の
ホームセンターからは・・・


北朝鮮のミサイル発射問題をうけて、防衛に関する
話題を書いてましたが、靖国神社をめぐり興味あ
るニュースが流れました。

その前に、・・・

福田康夫元官房長官は今回の自民党総裁への不出馬
を決めたようです。理由は、靖国神社問題が争点
となる可能性が高く、
国論を二分しかねないという
や高齢であるという点が理由。

靖国問題はあくまで国内問題であり、これを日中、
日韓の外交問題であるかのようなすり替えには僕も
反対です。ましてアジア外交に靖国問題は影響など
与えておりません。そうした意味で、韓国や中国と
いう非友好的態度を崩さないこの2国に、政治利用
され国益を犯されかねないと判断しての辞退と受け
止めます。立派なご判断と考えました。
(個人的には、安倍VS福田の「靖国」にまつわる
政治論争はぜひ聞いてみたい気はします。ただし、
あくまでも国内問題としてね。)

 靖国提灯奉納

さて、この時期になんと
も不可解な歴史的資料が
あらわれましたねー。 

(毎日新聞。内藤恵美氏
撮影。みたままつりに
奉納された首相提灯)

 

 

 

えぇ、昭和天皇の靖国神社参拝取りやめの理由
がA級戦犯合祀であったとの報道です。

結論から言えば、総理大臣の靖国神社参拝にはなん
ら影響を及ぼすものではありません。理由です。

続きを読む
2006年05月31日
靖国神社参拝の考察2
今日の「とっておき話」の
ホームセンターからは・・・


ケビン・ドーク教授
靖国参拝の考察」抜粋の続きです。 

 
靖国神社




 

さらに中国の靖国参拝非難について、

「中国が靖国を攻撃する背景には、
 政治や外交の武器にするという
 目的以外に、信仰や宗教を脅威とみなし
 反発するという現実がある。
   (略)
(彼らは宗教や信仰を認めず、参拝という
 概念を否定しているが)その非民主的な
 指針を民主主義の外国である日本に
 押し付けようとしている。
 その指針の適用の行き着く先は
 市民の自由や人権の弾圧となる。」

続きを読む
2006年05月30日
靖国神社☆ケビン教授の考察
今日の「とっておき話」の
ホームセンターからは・・・


久しぶりに感銘を受けました。

25日から3回にわたり
産経新聞に掲載された
ケビン・ドーク米ジョージタウン大教授の
靖国参拝の考察」です。

特に興味深い部分を抜き出してご紹介します



靖国神社




続きを読む
2006年05月28日
靖国、中国をめぐる福田氏の発言
次期総裁選挙に出馬かと
憶測されている福田康夫元官房長官。
27日名古屋における講演で、
日中関係をめぐっての発言要旨。


「(首相の靖国参拝問題は)まことに
 不幸なことだ。トップ同士も国民も
 お互い感情的になってしまっているのは
 最低だ。誰かが冷静にしていなければ、
 大事な関係を今後、維持するのは難しくなる。
 中国と話すときには誠意を持って、
 相手の立場を考えて議論することが大事だ。」


何度も言います。
言わせていただきます。


なぜに、靖国参拝が不幸なことなのですか?


トップも国民も「お互いに」感情的になっている
という認識は間違っています。


首相はいつでも、どこでも
会談の扉は開いてると
常におっしゃってますよ。

分刻みの首相相手に、
面会を申し込みながら、
ドタキャンするという
国民全体に、
つば吐きかける行為をしたのは、
中国のなんとかいう副首相でしたよね。
(名前も覚えてますが、書くも汚らわしい)


僕は今、
感情的になってるかもしれませんが、
在中国大使館にデモ活動もしたことないし、
まして、日本国民が、
投石などの破壊活動など
一度もしたことが無いでは
ありませんか。


「お互い」という言葉はまやかしです。


中国が一度なりとも、
誠意を持って、日本の立場を考えて
議論したことなどあるのでしょうか?

なぜ振り上げたこぶしを
おろさざるをえないような
かっこ悪いおもいで、
日中外相会談を
中国が受け入れたのか、
よく考えていただきたい。

靖国」が
「歴史」が
もうカードとして
古くなりつつあることを
中共指導部が認識し始めた証拠です。


いま、福田氏のような迎合発言をすると、
中共の軍部は、
「まだまだ使える」と錯覚し、
政治指導部に圧力かけます。
おそらくは、
この問題でうんざりしているけど
軍の強硬な姿勢で取り上げざるを得ない
中国の政治指導者たちが
また逆戻り発言しないといけなくなるんです。


「あんたたち軍部が言うようにやってみたが、
 日本は反発を強めるだけだ。
 もうこの問題は棚上げにして、
 次なる策を練ったほうが良い。」


と言えなくなるのです。
靖国、歴史で妥協しないこと
結局、共産党指導部への、
最大の譲歩となりえると僕は思います。



2006年05月25日
日中外相会談は案の定
>
李氏、靖国参拝改めて非難
 =安保含め交流拡大では一致−1年ぶりに日中外相会談

 【ドーハ24日時事】
    カタール訪問中の麻生太郎外相は
    23日夜(日本時間24日未明)、
    ドーハ市内のホテルで
    中国の李肇星外相と
    約1時間半にわたって会談した。

    李外相は小泉純一郎首相の
    靖国神社参拝を改めて非難。

    麻生外相は「戦没者への慰霊が目的」とする
    日本側の立場を改めて説明し、
    双方の溝は埋まらなかった。

    一方で、両外相は経済や文化、軍事を含めた
    あらゆる分野での交流を一層深めることで一致した。

    また、麻生外相は
   「問題があるかこそ会った方がいい」と述べ、
    昨年4月以降途絶えている
    日中首脳会談再開を暗に呼び掛けた。

   日中外相会談の開催は昨年5月以来1年ぶり。

    昨秋の麻生氏の外相就任後は初めて。

    李外相は小泉首相の靖国参拝について
  「中国人民の感情を著しく傷つけ、
    両国の政治基礎を損ねた」
   と改めて批判。

   麻生外相は日本側の立場に
   改めて理解を求める一方、
   自らの靖国参拝に関しては
  「個人の信条と公的な立場を踏まえて
   適切に判断する」と述べ、
   外相の立場で参拝することはないとの考えを示唆した。 
                                 (時事通信) - 5月24日11時0分

>

例によって、子供の使いのように、
党と軍によって発言を縛られている
「籠の鳥外相」李肇星氏のありがたいお言葉です。

本当は、中国も
内心うんざりしているテーマでしょう。
だって、彼らには靖国もA級戦犯も、
正直関心なんてないと思いますよ。

まして、宗教を認めない共産党にとって、
他国のトップの信仰の問題なんて、
踏んではいけない虎の尾でしょうに。


「ごめ〜ん、これって、
 日中平和友好条約第三条<内政の相互不干渉>に
 違反してたある。今後は問題にしないから勘弁あるね。
(中国の人の日本語)」

「今後は注意してくれたまえ。」

はい、手打ち。!!(^0^)U☆U(^0^)!!

な〜んてことにはならないよね、もう。
中国人はメンツを重んじるとよく言われるし。


じゃあ、メンツを重んじない?日本が折れて、


「不戦の誓いとともに、心ならずも
 亡くなった方へ哀悼と誠を捧げる
(ために参拝している)とした、
 小泉クンの説明はありゃ、真っ赤な嘘。
 だから、靖国なんておっぽっとって、
 互いに金儲けに精進しましょう。」

と、二度と、首相の参拝はないとすれば、
その瞬間に解決。

明日にでも、首脳会談が設定でき、
中国は我が国を「評価」してくれるでしょう。
(^-^)人(^-^)

しかし!! 

政治上でのメンツなど
普段全く関係ない
まともな日本国民は
烈火のごとく怒るでしょうな。

経済同友会朝日新聞(一応毎日新聞も)、
 ニュース23の筑紫さん、
 サンデーモーニングの関口さん一派あたりは
「歓迎」するでしょうが。)
  <( _ _ )>  中国様ー、平身低頭。

要は、日本が折れる条件として、
「不戦の〜云々」の
小泉首相の発言を覆すだけの
誰もが納得できる理由がなければ、
参拝中止は今更できません。


それにしても、
中国の人民解放軍も
まともな戦略立てられない人たちの
集団になってしまったのかな。

昨年の圧倒的な官製反日デモで
全くの進展も見られなければ、
小平なら即戦法変えたと思いますけどね。


で、常にでてくるこの言葉なのですが・・・

中国人民の感情を著しく傷つけ〜」

・・・

吉田首相から中曽根元首相で
途絶えるまでの靖国参拝では
なんで、
「中国国民の感情は傷つかなかったのか」、

ぜひ明確な理由を聞いてみたい。?(´o^)?(゜_!)?

それと、
昨年の反日デモや
アジア杯サッカーで、
著しく傷つけられた日本の国民感情に対する謝罪と
大使館の修復費用を含む
損害賠償請求を求めてほしいですよね。


最期に、この時事通信の記事なんですが、


麻生外相が、
「個人の信条と公的な立場を踏まえて適切に判断する」と述べ、
   外相の立場で参拝することはないとの考えを示唆した。


と、結んでいるのだけど、
なんで、そう結論づけられるのか理解できません。
(´o`)??


「適切に判断して参拝する」
可能性だってあるでしょう?

ジャーナリストが、勝手に、思いこみと憶測と、
思想を押しつけて、
自分たちに都合のよい結論で、
政治家の言論を縛ることは許されません。



2006年05月18日
関西経済同友会
僕たちからすると、関西人という方々は
一種のエイリアンみたいな存在です。(ごめんなさい)

言葉がきつい(そう聞こえる)、
自己主張が激しい、
マイペース、押しが強い、にぎやか好き、
好奇心旺盛(というより、おせっかい)
などなど。
まあ、一言で言うと、近寄りがたい方々というイメージ
ですかね。┌(>_<)┐

でも、今日は二つの点でお詫びしなくてはならない
と同時に
見直した日でした。

5月10日に僕はここで、
経済同友会」のことを批判しました。
その気持ちは今も同じなんですが、
実はそれに先立つ
およそ一月前の4月18日、

関西経済同友会」が
「歴史を知り、歴史を超え、歴史を創る」と題して
提言をまとめていたのです。
その内容は、「経済同友会」の
何の分析も戦略もない提言に
比べて、はるかに立派なものです。


一例

[問題の所在]

歴史認識靖国参拝問題を
  中韓両国が外交カードとして使っている
  のに対し、政府高官も含めて
  日本人自身が歴史を知らないため
 生煮えの歴史対話となっている。

・中韓両国の反日教育は
  国内政治的な背景に基づくものだが、
  一方的に日本が批判され適切な反応・反論ができていない。

   (略)

[提言]

・戦後60年の歴史、
  平和国家日本の歩みを教え、世界にも周知する。

靖国問題など内政にかかわる諸問題は、
  国交正常化以来の原則通り、
 相互に不干渉とすべきで、日韓間でも同様。

・ただし、反日思想をことさらあおるような
  反日感情増幅施設は、見直しや廃止を求める。

・軍事大国化への懸念や主権侵害、
  暴力行為などには、
  形だけの抗議で矛を収めず
  必ず強く抗議し謝罪を求める

・竹島、尖閣諸島の帰属問題は、
  国際司法裁判所への付託を中韓両国にも求める。

   (略)


いかが。
拍手拍手。

冷静に中韓を観察し、実に見事に、
わが国の提言を述べています。

関西といえば、経済観念優れた
商売上手の人たちが闊歩する商業地域です。

本当なら、
中国はのどから手が出るほど欲しい巨大市場なはず。
面倒な政治のことなど、早く棚上げして、
「儲かりまっかー」とやりたいところでしょう。

でも、根っからの商売人だからこそ、
ホームグランドたる母国の利益を売ってまで
商いはできなかったんでしょう。

「なめたらあきませんがな。(変?)」と

啖呵をきったんですね。

実に爽快な提言でした。
(これに比べて、東京のあの「提言」って・・・

 石原慎太郎知事、出番ですよ!!)


2006年05月13日
靖国神社での発言
靖国神社を巡る動きで、またぞろ中国迎合発言が
相次ぎました。

まずは、民主党危機のときに一躍脚光を浴びた、
民主党水戸黄門こと渡辺恒三国対委員長。
例の、靖国参拝中止を提言した経済同友会
「商売と政治は別だ。」としごくまっとうな見解を述べた
小泉総理を「権力者の思い上がり」と批判。
これに対しては、朝日新聞と同じ趣旨なので、
先日の日記で述べたとおりです。

  ・・・

本家黄門様のご出身の水戸派は尊王攘夷の急先鋒でしたよね。
恒三様のご出身の会津も、最後まで開国派の新政府と戦いました。
いま、何ゆえにわざわざ外国の内政干渉を許容するような
ご発言をされるのでしょう。
民主党に政権がいかなかったのは至極もっともなことでしょう。

次は政権与党、しかも、日本遺族会会長も務める大物。
古賀誠元自民党幹事長です。
靖国神社の、いわゆるA級戦犯の分祀を求め、
「首脳交流の停滞をはじめ中国との関係をぎくしゃくさせ、
急速に日本外交に閉塞感が高まっている。」と指摘したとの記事。


これに関しては、産経新聞13日に掲載された
米国議会の超党派政策諮問機関「米中経済安保調査委員会」の
ラリー・ウォーツェル委員長のインタビュー記事から抜粋してみます。
続きを読む
2006年05月11日
朝日新聞の外交感覚
<SPAN style="FONT-FAMILY: MS ゴシック,Helvetica,sans-serif"></SPAN><SPAN style="FONT-FAMILY: monospace"><FONT size=2>やはりきましたね、<SPAN style="FONT-WEIGHT: bold">朝日新聞</SPAN>さま。11日社説「財<BR>界も憂える<SPAN style="FONT-WEIGHT: bold">靖国参拝</SPAN>」。<BR><BR>最近は、前日からある程度もう予想できるんですね。<BR>期待を裏切らない<SPAN style="FONT-WEIGHT: bold">朝日新聞</SPAN>の健筆に感謝!<BR><BR>社説では、まず小林陽太郎・富士ゼロックス最高顧<BR>問宅が火炎瓶でのいやがらせを受けた件を書き、<BR></FONT></SPAN><SPAN style="FONT-FAMILY: monospace"><FONT size=2><SPAN style="FONT-WEIGHT: bold">靖国参拝</SPAN>を支持し主張する人たちが、いかにも右翼<BR>とかかわりが強いような含みを持たせる工夫がなさ<BR>れてます。<BR><BR>自分の主義主張通りなら、角材持ってヘルメットか<BR>ぶっている集団も「市民団体」と紹介し、気に入ら<BR>なければ「右翼」の一言のもとに気って捨てる、<SPAN style="FONT-WEIGHT: bold">朝<BR>日新聞</SPAN>お得意のレトリックはここに健在です。<BR><BR>社説は、<SPAN style="FONT-WEIGHT: bold">靖国問題</SPAN>をあえてこの時期に取り上げ、<BR>提言をまとめた<SPAN style="FONT-WEIGHT: bold">経済同友会</SPAN>に最大の賛辞を送る一方、<BR>首相の対応には怒りが収まらないようです。<BR>「目先のそろばん勘定からの提言といわんばかりの<BR>態度はあまりに失礼だ。」<BR><BR>・・・(中国からやんややんやの喝采が聞こえます)<BR><BR>「政府の重要な政策を決める会議などに、首相は盛<BR> んに財界人を招きいれている。それは、経営の実<BR> 務を通じて培われた識見や指導力を政治に生かし<BR> たいということではないのか。<BR> 耳に痛い提言は「商売のこと」と片付けてしまう<BR> のはフェアではない。」<BR><BR>財界人を招き入れて意見聞くのは、主に内政上の問題<BR>でしょう。国益のかかった外交案件で、仮に財界の声<BR>を聞いたとしてもあくまでも参考程度の域をでるはず<BR>はありません。<BR><BR><BR>「経済的な利益だけが国益でないことは言うまでもない。<BR> けれど、経済発展を支え、<SPAN style="FONT-WEIGHT: bold"><FONT size=3>傷害</FONT></SPAN>を取り除くよう<BR> 努めるのは政治家の基本的な仕事であることを忘れ<BR> ては困る。」<BR><BR>と、本音がでましたね、とうとう。<BR>この場合の「<SPAN style="FONT-WEIGHT: bold">障害</SPAN>」とは「<SPAN style="FONT-WEIGHT: bold">靖国参拝</SPAN>」のことですね。<BR>首相があんなにも、<BR>「かつての大戦で心ならずも亡くなった方々に哀悼の<BR> まことを捧げたい。」と言って参拝しているの<BR>は<SPAN style="FONT-WEIGHT: bold">朝日新聞</SPAN>諸氏にとっては「<SPAN style="FONT-WEIGHT: bold">障害</SPAN>」にしか映ってな<BR>いんですね。<BR><BR>これは、かつて、拉致事件を北が認める前に、<SPAN style="FONT-WEIGHT: bold">朝日新<BR>聞</SPAN>が、この件を「日朝国交正常化」の「障害」と社説<BR>で表現して大ひんしゅくをかったのと同じです。<BR><BR>本当に、「読者も憂える朝日新聞の外交感覚」ですな。<BR></FONT><BR><BR></SPAN>
Categories
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク