対中国☆ホームズをホームズがこのブログで語ります!対中国☆ホームズはおまかせください!!



トップ>カテゴリー:対中国☆ホームズ

対中国☆ホームズ

対中国☆ホームズについてのページです。
対中国☆ホームズについて新着順に記事を並べています。

対中国☆ホームズ

2010年10月31日
サンデーモーニング、こんなものいらない
探偵ホームズ、今日の「とっておき話」の
ホームセンターからは・・・

「スポーツコーナー」の「ご意見番」が人気あるせいなのかどうかわからないが、いまだに具にもつかぬ仲良し連中集めて、一方的な意見(批評などという高尚なものは皆無に近くこれまでの自説をとうとうと述べてるだけ)を垂れ流している「サンデーモーニング」、まだやってたのかという感じですが、今朝は例の中国会談拒否をどうコメントするのか聞いてみようという好奇心からついチャンネルを向けてしまったが・・・

いやぁ〜さすが、関口一派浅井信雄氏(国際政治学者)
金子勝氏(慶応大学教授)、目加田説子氏(中央大学総合政策学部教授)、佐高信氏(ジャーナリスト、週刊金曜日)の面々。
でるわでるわ、日本政府、そう日本政府批判。中国ではないですよ。

佐高信氏は「前原(外務大臣)の発言というより前原という存在自体が問題前原を外相にした時点で日本が先に中国の頬を殴ったようなもの先に攻撃したのは日本だ」とご発言されました。

20世紀少年」でいうと、中国という「ともだち」に見事に操られている哀れな三文ピエロといったところ。この人の悪い癖は、大局的な立場に立ってモノが見られないところ、
ご自身の生い立ちのせいなのか、育ってきた境遇なのか、もって生まれた性癖なのか、「国家」は常に「悪」という観念に縛られて、がんじがらめになっているのね。「権力」批判はいいが、
一方の嘘っぱちな共産主義大国の「権力」には目をつぶり、アメリカや自国の「権力」にのみ牙をむくというおかしな人です。

今回の一連の中国の「帝国主義」をまったく批判しないで、
前原発言のみを批判するというのは「ためにする」意見の
最たるものですな。(この佐高発言、もうWikipediaに載っている。恐るべしWikipedia)

岸井成格氏(毎日新聞主筆)が最後にまっとうな意見を述べなかったら完璧に中国から資金が流れている番組だと思われるわな。

ちなみにこのサンデーモーニング「リベラルな切り口での番組構成のため、保守的なコメントを繰り返した文化人・タレントは短期間で招かれなくなる傾向がある。(Wikipedia)」

にしても、関口さんのなんとはなく、自分だけ高みにたって
見下したようにしゃべる話し方はずーっと前からすごくはなにつきます。

俳優のときはいい味だしていたのだけど、そろそろ本業でまともに仕事したほうがいいと思うよ。


習近平氏の歴史観が透けてみえてきた
探偵ホームズ、今日の「とっておき話」の
ホームセンターからは・・・


習近平氏、足元に庶民派チラリ 幹部の子弟ながら苦労人」
(10月20日付け)とタイトルうって、次期中国トップのご機
嫌伺いに余念の無い朝日新聞ですが、どうやら現体制よりずっと
保守的(=反日的)性向の強い人らしい気がします。

朝鮮日報での朝鮮戦争をめぐっての発言。
>
中国の習近平国家副主席が最近、中国の6・25戦争(朝鮮戦争)
参戦を「平和を守り、侵略に対抗するための正義の戦争」と発言
したことをめぐり、韓米両国から批判の声が相次ぐ中、中国政府
は28日、「これは中国政府の定論」と改めて主張した。
>

この記事を読む限り、史実を捏造し、中国優先の歴史に塗り替え
ることになんのためらいもない恥知らずのお人らしい。
はたまた、心底そう信じ込んでいるのなら、相当なおばかであ
る。
 
一応世界の中でも気を使う国であるアメリカに対してさえこうな
のだから、我が国との過去の歴史など江沢民並の暗黒支配時
代となるのだろうな。南京の犠牲者の数もまた何の根拠も無く、
30万人から引き上げられるかもしれない。

靖国神社への公式参拝はとっても今の政治家たちには無理だ
ろうし・・・菅さん? 靖国のことなどはなから頭にないでしょう。

もっとも現実的に見れば、江沢民がやらかした愛国教育で現在の
収拾のつかない反日運動が勃発し、その矛先が自分たちにも
向いてきているているわけだから、さらに反日教育やればどんな
混乱が引き起こされるかは想像がつくだろうとは思うのですが。

いずれにしても朝日新聞のような提灯記事には踊らされず、「過
去の問題」で今後、習近平氏とどのように付き合うか、今から
戦略を練っておかなくてはいけません。これは、野党にいる政治
家諸氏含めてみなさんがその対象です。多分、習近平政権の
時、民主党は政権を担っていないはずですから。


2010年10月30日
前原氏に辞任を要求する中国属国議員たち

探偵ホームズ、今日の「とっておき話」の
ホームセンターからは・・・

反日国会議員、辞めるのはあなたです

あきれてものが言えない。この人たちがわが国の国会議員様?

中国様と首脳会談できないから、身内の外務大臣のクビ切れと
はねぇ。

>
国民新党下地幹郎幹事長は29日夜、中国に日中首脳会
談を拒否されたことに関連し、「前原誠司氏はもう、外相を辞
めた方がいいのではないか
」と都内で記者団に語った。

 下地氏は、前原氏が日米外相会談で尖閣諸島が日米安保
条約5条の適用対象になることを確認したことについて、「日中関
係に日米関係を持ち込むからおかしくなる
」と指摘。「中国だ
って反日デモを抱える国内事情がある。尖閣諸島沖の中国漁船
衝突事件で船長を中国に戻し、日本政府が日中関係を大事にし
ようと取り組んでいるのだから、うまくやる方法を探ればよか
った」と述べた。(産経新聞)
>

下地さん、あなたこそ議員を辞めなさい。あなたのような人は
議員をやる資格はありません。日中関係に日米関係を持ち込ま
ないで、どうやって中国の暴走を抑えるのですか?
あなたは、日本の安全をどう守るか具体案があるのですか?
中国に限りなく属国化してもよいという赤い(仙石)長官と同
じゃないですか。

さらにこの人以外にも(日中首脳会談拒否の件で)、
>
閣僚の1人は「よく分からないけどビデオの影響じゃないか」。閣僚経験者は「きょうビデオの公開を決めたからだ。シナリオ
を立てずにやるからだ」と述べた。
>

腰抜け極まれり!!

>
党中堅幹部は「日中両国のために前原はつぶした方がい
いというメッセージじゃないか。中国に言われてすぐに辞め
させるのはよくないが、前原が外相をやるのは無理だ
」と、
中国そっちのけで外相批判を展開した。
>

いっそ、中国に外相を選んでもらったらどうだ、民主党。
「前原が外相をやるのは無理だ」ではなくて、お前たちが国政
担うのが無理
、なんだよ。

今後、完璧に中国の筋書き通り動く人を「ロボット」と呼ぼう。
(ロボットは自民党にもたくさんいる。公明党はロボットを越
えてもはや、精神は漢民族と同化している)

ここの閣僚、閣僚経験者、党中堅幹部の名前も公表してほしい。

集団的自衛権と憲法改正ですっきり政界再編して、総選挙して
ほしいものだ。心から願う。



続きを読む
朝日新聞、いよ! さすが中国派!!

探偵ホームズ、今日の「とっておき話」の
ホームセンターからは・・・

さぁ、朝日新聞の第一面・・・「なんじゃあこりゃぁ!!。」
(故松田優作のジーパン刑事殉職のシーンの口調でどうぞ)

一面左肩上に窮屈そうに載っている。見出しが「日中首脳会談
へ調整
」わきのサブの小見出しが「外相会談 戦略的互恵を
尊重」

・・・ひとつも首脳会談中国ドタキャン、いや失敬、日中首脳
会談中国が拒否」といった言葉が見当たりません。

情報が朝刊に間に合わなかったのか?そんなバカなと思いなが
ら、記事を読んでみると、『「中日外相会談のブリーフで事実
ではない話が流されている。両国指導者によるハノイ会談の雰
囲気を壊した。日本側がその責任を負うべきだ」と伝え、会談
の実現は難しくなったとの見方を示した。』

・・・ちゃんと分かってるじゃぁないですか!!

なのにその大きな事実を見出しにして読者に説明しようとする
意思が感じられない。

中国様に気を使って書かなかったんだよね。

さて紙面を繰ると「時時刻刻」があります。ここは一面で、印
象としては中国をけなげにバックアップという感じですね。少
なくとも日本側に立っての主張は見当たらず、よくいえば中立
にどちらの立場も伝えているといった紙面になっている。
(←どこの国の新聞かよく分からない

でもねぇ、今回の日中間の問題って、昨日今日の問題じゃぁな
いでしょう? 線というか、流れの中で今回の日中会談拒否の
事実を受け止め、それが正当な姿勢なのか、まっとうな国際感
覚を持った国のとる態度なのかを判断して書いてほしいもので
す。

北京支局を閉鎖されるんじゃないかなどと恐れて、中国様の顔
色をうかがいながら、もみ手で記事を書いていると、かつての
林彪事件のように、日本でただ一社だけ北京に支社を持ちなが
ら、誤報を発信し続けた過ちを繰り返すことになりますよ。

今更でしょうが、朝日新聞の国籍はどこなのと問いたいです。






日中首脳会談などこっちからお断り!

探偵ホームズ、今日の「とっておき話」の
ホームセンターからは・・・


>
日中韓首脳会談後、菅首相は温首相と個別に会談する方向で調整していたが中国外務省の胡正躍次官補は、同日(29日)
夜、「日本側が首脳会談の雰囲気を壊した。責任は日本側が完全に負うべきだ」と記者団に述べ、日中首脳会談を拒否する姿勢を示した、とのこと。同次官補はさらに、27日にハワイで行われた日米外相会談で尖閣問題が取り上げられたことなどで日本側を強く批判したと記事では述べています。
>

胡正躍次官補って、27日の日米外相会談の前から、前原氏を
個別攻撃してた偉そうなおっさんだろ。そもそも次官補のオマエが、他国の外務大臣を批判し更迭させるような言動とることの方が身の程知らずで、日中間の大きな妨げになっているのだと言いたいね。

もっとも恫喝で飯食ってる国だから、まずは「首脳会談拒否」を
ぶち上げて、わが国のおたおたしたチャイナスクール外務官僚を通して、「尖閣棚上げを認めれば会談してあげてもいいよ。」などと陰で動く、ということはありえます。とにかく自分たちに有利に動くなら、何やっても平気という国だから。
神を恐れずというより、神はいないのだから怖いものなど無いの
だ。

こんな国はまともに取り合わない。この会談拒否の無礼をこっちも負けずに、赤い官房長官が、いや、仙石官房長官が、(赤い官房長官なら、名前ですでに中国に取り込まれてる)言い返す必要があるんじゃない?
もっともこんなことじゃぁな・・・

>
衆院予算委員会(中井洽委員長)は29日午後の理事懇談会で、尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件の状況を記録したビデオ映像について衆参の予算委理事らが11月1日に視聴することを決めた。

 視聴できるのは、衆参予算委の委員長と理事のほか、理事会のオブザーバー(共産、社民両党など)、1日の衆院予算委集中審議の質問者に限定。映像・音声の記録機器や携帯電話の持ち込みは禁止される。視聴に際し、海上保安庁の鈴木久泰長官が海図などで当時の状況を説明する。

 衆院予算委は視聴後、開示対象をさらに拡大するかどうかなどビデオの扱いを改めて協議する。ただ、民主党は日中関係への配慮などから、全面公開はしない方針だ。
 政府は27日、事件時のビデオ映像を7分程度に編集したDVDを衆院に提出。視聴者の範囲や方法に関し「極めて慎重な取り扱い」を求めた仙谷由人官房長官の要望書も提出され、衆院予算委でビデオの扱いを協議していた。

>
ここまでおちょくられてもまだ「日中間の配慮」などと寝言言って、一部議員と編集ビデオでお茶を濁す民主党政権、仙石赤井長官、ほとほと救いがたい。
売国奴が政治やるなよ。
ついでに、前原氏に責任をかぶせるような微妙な記事を書きそうな朝日新聞あたりも要注意。


2010年10月28日
中国の横暴示すビデオ明らかに
探偵ホームズ、今日の「とっておき話」の
ホームセンターからは・・・


これほど明かな証拠があるのに、なぜ今まで・・・というのが理解
できませんね。中国では海保の巡視船の方がぶつかってきた
という話になって、野蛮な日本を駆逐するという書き込みになっている。

中国が事実を事実と伝えるかどうかは別としても、もっと早く公開
して全世界にこの事実を伝えていれば、中国政府もやり方を
変えたかもしれなかったのに。
中国を恐れて公開をためらったといわれても仕方ないでしょうね。

もっと理解できないのは、我が国の首相がまったくつい最近
になってこのビデオを見たという事実。

まずは事実を自らの目で確かめ、ならぬものはならぬというのが
かつて厚生大臣を務めたときの菅直人総理の信条だったので
はなかろうか?
くさいものにはフタという発想では、かつて激しく官僚批判をして
きたご自身の過去の経歴は、単なるパフォーマンスであることを
自ら示していることになりますな。

ま、自衛隊の折木良一統合幕僚長ら制服組首脳との意見交換
会のあいさつでは「改めて法律を調べてみたら『総理大臣は、
自衛隊の最高の 指揮監督権を有する』と規定されており、そ
ういう自覚を持って、皆さん方のご意見を 拝聴し、役目を
担っていきたい」と語った、という人だから、関心事項では
なかったのでしょう。

こうした国防意識のかけらも知識もない人に国を任せる日本国
民も天下泰平ですな。

さて、このビデオ、一部公開などでは絶対だめです。中国
「都合のよいところを切り貼りしたねつ造」と反駁されるおそれがある。
覚悟を持って全面公開しなさい。

そして、これを見る議員諸氏も、今後の中国との関係をよく熟慮
して覚悟して見ること。中途半端な対応するくらいなら初めから
見ない方がいいのだから。
そして最悪なのは、このビデオ見ても、その後何のアクションも
起こさないことです。なんのために国会議員がいるのか、存在
意義が疑われます。



続きを読む
2010年10月27日
中国、映画祭でも反日要求

探偵ホームズ、今日の「とっておき話」の
ホームセンターからは・・・


相当カリカリしていますなぁ。反日デモの中身の一部に、中共一
党独裁を批判する文字が書かれたり、チベットでも授業でのチベ
ット語禁止にデモが沸き起こったりと・・・

この遅れてやってきた「帝国主義国家」に世界も異様な感情を
持ち始めています。そして今回のこの騒動。

>
23日に開幕した第23回東京国際映画祭中国代表団が
台湾代表団に対し「台湾」ではなく「中国台湾」などの名称
を使うよう要求、主催者側にも激しく抗議
したため、トラブ
ルを恐れた女優ビビアン・スーさん(35)ら台湾代表団が開幕
式参加を断念し、中国代表団も開幕式をボイコットしていたこ
とが、25日分かった。25日付の台湾各紙が一斉に報じた。
文化・芸術分野にも政治を持ち込む中国側の対応に、台湾では
「台湾人民の感情が著しく傷つけられた」(総統府報道官)と反
発が広がっている。
>

これまで「中国台湾」と標記していて、何の前触れもなく、今回
「台湾」という標記を使ったのなら、まだ彼らが騒ぎ出すのも
ある程度、行動様式としては理解できなくもない、というか、前
段で必ず問題になっていたでしょうね。

他の記事では、開幕直前に中国代表団の江平団長が台湾代
表団の団長に向かって、「あなたたちは中国人だろう。」
大声で詰め寄ったといいます。中国側は沖縄・尖閣諸島の領
有権問題も持ち出し、台湾・中国の映画関係者が連携して
グリーンカーペットを歩く「ミニ反日デモ」まで提案した

のことです。

すべて拒否した台湾側に敬意を表するとともに、あまり
にあくどく、大人気ない「不気味な大国」にはただただあきれる
とともに尚一層、北朝鮮化してきたと感じた次第です。



2010年10月22日
中国、前原氏の首を要求

探偵ホームズ、今日の「とっておき話」の
ホームセンターからは・・・

さぁ、またゆさぶりかけてきたよ。
日中首脳会談やってほしかったら、外相の首よこせだって。
>
前原外相発言が障害に=日中首脳会談の実現で―中国
(時事通信)
東南アジア諸国連合(ASEAN)首脳会議での日中首脳会談について、前原誠司外相の発言などが実現の障害になっているとの認識を示し、改めて日本側に対応を求めた。
>
だってさ。

とにかくおどしに屈するな、ただそれだけです。

中国がここまで反応するのは前原氏を「政治家」として見ている
からです。この発言で森田実氏のようなふわふわした政治評論家はもちろん、多分朝日新聞毎日新聞のような新中国メディ
アは震えあがってしまい、こぞって、前原氏に自制を求め、
聞かなければ圧力を強め、かつての安部元首相、麻生
元首相のように一斉攻撃をかけてつぶそうとするでしょう。
このすさまじい圧力に耐えられたのは、変人こと小泉元総理
しかいませんでした。

まともに発言する外相が首脳会談の妨げだというのなら、首脳会談など今やる必要は無い。きっぱりとお断りしましょう。
そもそも尖閣問題の棚上げを提案するような会談は百害あって一利なし。いまこそビデオを全世界に向けて発信し、尖閣に官僚を
派遣し、尖閣は日本の領土である事を認めさせよう。

これで、仙石氏が前原氏に圧力をかけようならこの政権はやっぱり腐っていたということ。

また今日も言わないとだめか、早く解散総選挙を!!

PS 森田実さん、言わんこっちゃない! あなたのような実績ある評論家さんが、あんなこと書くから、逆に利用されてますよ。
こんな恫喝国家にいつまでおびえるのですか?

続きを読む
2010年10月21日
森田実さん、間違ってるよ

探偵ホームズ、今日の「とっておき話」の
ホームセンターからは・・・


森田実さんよ、あんたもか、というか、やっぱりな、という方が
いいのか・・・

菅パイ政権で、まぁ、唯一「正論」を述べ、おとなしい日本国民の気持ちを代弁してくれている前原外相を、なんとあの戦前の松岡洋右外相と同じだと述べている。氏の頭の中には戦後の日本の平和へ向けての歩みや、わが国の民主主義の成長はまったくインプットされないらしい。

中国の反日暴動(デモなどではない!)は田母神俊雄氏が率先してのデモや、「度重なる前原外相らの反中国の言動」(そんな言動があったのだろうか。)がきっかけとなっておこったものとは言いがたい。そこには中国共産党の手が必ず入っている、つまりは「官制暴動」なのである。

森田実氏は言う。
>
もしも、これから、両国民が興奮して、日本の反中国運動と中国の反日運動がエスカレート合戦を演じれば、日中友好関係は瞬く間に崩壊するであろう。経済関係も悪化するだろう。中国で働いている日本人も引き揚げざるを得なくなるだろう。日本と中国との政治、外交、経済その他すべての両国関係が崩壊することは、両国にとって大損害をもたらす。
>

民度の低い中国の連中は共産党の黙認の上暴れるだろうが、日本国民が興奮してデモが暴動に発展するなんて事は、まぁ、ありえない。(それくらいの気概があればもっと頻繁にデモが発生している) それにことあることに経済制裁をちらつかせる中国との付き合いはもう手を引いたほうがいいのである。一時的に経済は
混乱をきたすが、日本国民は我慢強い民族である。中国よりもっと付き合いやすい相手を探すことである。インドとはそれこそ戦略的互恵関係を発展させる必要がある。

食料品にしても「毒入りギョーザ」で中国は謝罪や賠償に応じたのだろうか? すでに平気で日本国民を殺傷し、謝罪さえしない連中と付き合うのは自殺行為である。

森田氏の論であきれるのは、今回の尖閣にかかわる一連の出来事は前原外相にあるというくだりである。
領土問題(本来ないはずだが)を棚上げしてあいまい領域を残したからこそ日中関係は成り立ってきたという。そしてそのあいまい領域を前原氏が否定して、尖閣を強引に日本のものだと認識させる言動をとったことが中国側に火をつけたのだと。

・・・しかし、これは尖閣をめぐって時系列で述べたいろいろな解説で明らかなように、中国が棚上げ宣言の裏で強引に自国領土に編入したのが始まりである。日本の政治家が自国領と明言しないなら、中国はいずれ、沖縄も自国にしてしまうだろう。
森田実氏には、安全な漁を願う沖縄の漁民たちの声は届かないらしい。

氏は言う「いかなる犠牲を払っても平和は守るべきである」と。
だが、中国という皇帝の許しがないと何も言えない、何もできない(現に、靖国神社は中国や韓国のお許しが出ない限り、一国の首相が心安く参拝できないようになってしまった)平和など真っ平ごめんである。

ノーベル賞にさえ圧力をかける国家と真からの平和など望めない。
森田氏は「危険な」前原外相の更迭をマスコミの力で成し遂げようとする。その考え方がすでに北京政府そのもので、圧力で言論を封殺する行為である事を忘れないでほしい。
「危険」なのは前原氏ではなく、温厚で平和な民族であるチベット族に虐殺の限りを尽くして自分のものにした、中国という悪魔の国家なのである。

断言するが「日本国憲法」(「平和憲法」などない)、ことに第9条が平和を導いてきたなどというのは絵空事である。
国家間の国益を追求した厳しい戦いの中で、日本を守ったのは第9条ではなく、日米安全保障条約である。

何より「平和」は自分たちの手で守ろうとする決意と行動が無い限り守れない。外国では、民主主義を手にするのにどれだけ多くの血が流されたことだろうか。平和を築くのに、どれだけの国家が尊い命を捧げただろうか。
戦争は嫌だ、悲惨だ、繰り返すまい、と誓うのはいいが、そのために大切なものまで失ってはいけない。森田氏のような考えが結局は私たちの子孫を塗炭の苦しみに追いやるのである。




2010年10月20日
仙石発言、看過できない

探偵ホームズ、今日の「とっておき話」の
ホームセンターからは・・・

今まででこれ以上に国会の場で国民を愚弄する官房長官がい
たのでしょうか。左傾の人権屋弁護士ほど手に負えないとい
うのは、山口県光市の暴行殺害事件で、本村さんが明ら
かにしましたが、こういう人たちが政治、ましてや政権につくと
とんでもないことになるというのはハッキリ分かった。

まずは彼が心から仕え、ひざまずく中国様同様の恫喝。
>
15日の参院予算委員会で、政府参考人として菅内閣の天下り対策に批判的な答弁をしたキャリア官僚に対し、「職務と関係ないことでこういう場に呼び出すやり方は、はなはだ彼の将来を傷つけると思います。優秀な人であるだけに、大変残念に思います」

この件で答弁を求められていない仙谷氏が「関係ない質問に答えるな」とのヤジに構わず一方的にこう語ると、審議は中断。
批判的な官僚に対する人事権の発動とも受け取れ、「公衆の面前で官僚を恫喝(どうかつ)した仙谷氏の罷免を求める」(自民党中堅)との声も出てきた。
>
さすがに心情的共産党支持者は違うね。政権と無縁なところにいたときは、こうした国家権力に徹底抗戦したくせに、自分が政権に座ると、何のためらいもなく権力の刀を振るうわけだ。

続いて、素顔をあぶりだした丸山議員。
>
自民党の丸山和也参院議員が「船長は訴追され判決を受けてから送還なりすべきだった」と意見したのに対し、仙谷氏は「そんなことをしたら(11月に横浜市で開かれる)APEC(アジア太平洋経済協力会議)が吹っ飛んでしまう」と述べたという。
>

これって明らかに否定していた検察への政治介入だよ。ずーっと
のうのうと嘘を言い続けていたことになるわけだ。証人喚問ケッテイ!
さらに酷い発言は続く。

>
丸山氏が「釈放は国家(にとって)の大きな損失。日本は中国属国になっていくのでは」と疑問を呈し、仙谷氏が「属国化は今に始まったことではない」と答えたという。
>

・・・もはや絶句。電話で気を許していたのだから絶対にホンネの発言だと思います。
一国のNo.2が普段こんなふうに考えているのだから、中国様にかなうはず無いわな。
というより、この男は本当の属国を目指してひた走っているように感じる。
早く解散総選挙を!!



Categories
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク