金融ニュース☆ホームズをホームズがこのブログで語ります!金融ニュース☆ホームズはおまかせください!!



トップ>カテゴリー:金融ニュース☆ホームズ

金融ニュース☆ホームズ

金融ニュース☆ホームズについてのページです。
金融ニュース☆ホームズについて新着順に記事を並べています。

金融ニュース☆ホームズ

2006年09月25日
個人向け国債

ホームズ、今日の「とっておき話」の
ホームセンターからは・・・

前回ご紹介の個人向け国債
(スクロールして、7月3日付けの記事です)

今回は
 
変動10年(第16回債)
 固定 5年(第 4回債)

ともに、
9/13(水)より募集開始し、
10/2(月)まで
となっています。

   
秋の国債


前回6月〜7月に募集した率は下記の通り。
(参考)
変動10年(第15回債)・・・年1.10% 
固定 5年(第 3回債)・・・年1.30%

購入方法の説明です。

個人向け国債を購入する際は、毎回の募集期間内に
取扱機関で申込みをしていただくことになります。
購入(申込み)のために必要なものは、購入代金、
預金通帳、印鑑等です。

○ 国債を初めて購入される方

国債は証券が発行されず(ペーパーレス)口座上の
記録によって管理されています。初めて国債を購入す
る場合は、購入する金融機関、郵便局で国債の取引を
するための口座を開設していただく必要があります。

<ご注意> 
金融機関によっては口座の管理手数料等がかかる場合
があります。
口座を開設するときには、運転免許証、健康保険証な
ど本人確認が可能なもの、印鑑等が必要です。

○ どっちがいいのかなぁ?

「個人向け国債 変動10年」と「個人向け国債 固
定5年」では、金利のしくみが大きく異なります。

「個人向け国債 変動10年」はそのときどきの実勢
金利を反映した変動金利制を採用しているのに対し、
「個人向け国債 固定5年」は、固定金利制をとって
います。

「個人向け国債 固定5年」では、発行時点での実勢
金利を反映した利率で、5年間固定されるわけです。
たとえば、発行時点での利率が0.4%であれば5年
間 0.4%の金利が変わらずつくこととなり、一定
の利子が手に入るというわけです。つまり、発行時点
で5年後の投資結果(キャッシュフロー)を知ること
ができるのです。まさに「5年先まで見通せる」個人
向け国債といえます。

 一方「個人向け国債 変動10年」は変動金利制
ですので、実勢金利の動きに応じて
半年ごとに適用
利率が変わり、そのときどきでもらえる利子は変
します。
仮に3年後の実勢金利の水準が現在よりも上昇したと
します。固定金利制の場合は、もらえる利子は3年前
と変わりませんが、「個人向け国債変動10年」の場
合、もらえる利子も増えていくというわけです。もち
ろん、経済環境によって、今後実勢金利が低下するこ
とも考えられ、その場合は「個人向け国債 変動10
年」の適用利率も下がることになります。

ただ、適用利率は0.05%(年率)を下限としてい
ますので、これを下回ることはありません
「10年先まで楽しみたい」というあなたにピッタリ
の個人向け国債です。

(以上、
財務省HPより)


2006年07月03日
個人国債

ホームズ、今日の「とっておき話」の
ホームセンターからは・・・


昨日の橋本龍太郎氏のことと
国債について少し。

首相就任2年目(平成9年6月)
アメリカのコロンビア大学での講演を終えた後の
質疑応答でのコメントで、ジョーク交じりに、
日本保有の米国債売却の可能性について触れた
ことがありました。

どんな内容だったかというと、

「20年にわたり、アメリカドルは、
 円に対して、価値を半減してきたという事実
 から、日本がアメリカ国債を貯蓄することに
 利益はあるのか。

との問いに、

幾度か大量のアメリカ国債を売却したいと
 思ったことがある
し、それで
金を買うことも
 選択肢
だと思う。しかし、実際にはアメリカが
 為替レートの安定性維持に協力、努力することは
 明らかだから、
アメリカ国債を売って、
 外貨準備を金に変えることはない
。」

と橋本氏が応答。

これを受け、翌日のニューヨーク市場は、
1987年のブラックマンデー以来最大の
下げ幅を記録したのです。

以来、日本保有の米国債売却の話は、日米間では
一切話題になることはありません。
一方、近年のアメリカの大量の為替介入の結果、
日本の保有する米国債は、さらに増え続けています。


話かわり、国債とはいっても個人国債のお話。

・・・・・

個人向け国債が順調です。

個人向け国債は、今回
変動10年(第15回債)
固定5年(第3回債)
ともに、6/9(金)より募集開始し、
7/4(火)までとなっています。

 (財務省より)個人国債

 

 

 

人気商品なので、今回はもう売り切れ
でしょうね、多分。

ま、その場合、9月上旬から中旬にかけて
また募集
がありますので、
各金融機関や
証券会社
の案内に注意しておきましょう。


○ なぜ人気があるのか。

1.日本国政府が満期日の元本や半年毎の利子の
  支払いを行うので安全性が高い
からです。
  しかも元本価格は変わりません
 (平成15年から平成18年4月までに、
  約19兆2600億円を発行しています。
  そうとう売れているのがわかります。)

  日本国が財政破綻すればもちろん保証されません
  が・・。

2.最低保証0.05%付き。0とかマイナスには
  ならないのです。

  日本国が財政破綻すれば、え? さっき言った?

3. 「(10年、5年預けたら、)期日になるまで
   返さないもんね〜」
  とはなりません。途中換金OKです。
  ただし、まったくのフリーではないです。

  * 変動タイプは1年経過後、固定タイプは
    2年経過後から可能

  * 変動タイプは直前2回、固定タイプは4回
    分の税引き前利子相当額を支払うことになり、
    もしかすると元本を下回る可能性あり。

  日本国が財政破綻、はいはい、つぎいきましょう。

4. 3ヶ月ごと(1、4,7,10月)発行予定で、
  それぞれ半年後に利子がつくので、今回購入した
  場合、1月と7月に、さらに10月にも購入すると
  4月と10月ですから、都合3ヶ月に一度利子が
  付くという事になります。

  
3月に一度不労収入があるって
  いいですよね〜。
   
5. 一万円から購入可能でお手軽である。

6. 証券が発行されない(口座記録になるので)
  から、紛失とか盗難、偽造の心配がない。

といったところですね。

ハシリュウさんのように、途中で、
「えい、売ってやれ!」
とか言わないで長くお付き合いくださいませ。

 

 


Categories
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク