韓国 ☆ ホームズをホームズがこのブログで語ります!韓国 ☆ ホームズはおまかせください!!



トップ>カテゴリー:韓国 ☆ ホームズ

韓国 ☆ ホームズ

韓国 ☆ ホームズについてのページです。
韓国 ☆ ホームズについて新着順に記事を並べています。

韓国 ☆ ホームズ

2006年05月29日
韓国の漢方的対日観

ホームズ、今日の「とっておき話」の
ホームセンターからは・・・

多くの人が血液型で、「あ、B型とは合わない」
とか、「ABの人はやっぱり、発想が違うね。」な
どとの会話を楽しんでいるが、意外に血液型信
仰は強いように思います。


もしこれが国同志だとどうなる?


日韓新考」などの著者で、長いこと韓国に在住し、
韓国の様々なことを熟知している黒田勝弘氏が
産経紙で面白い対日観を紹介しています。(27日付)

漢方の中心的思想の「陰陽」から、人の体質を「太陽
人」「少陽人」「太陰人」「少陰人」に分類、その体質に
合う飲食物や治療法を与えるというのです。

さあ、この見立てでいくと、韓国から見て、日本はど
れだと思いますか?

予想はつきますけど;(><); 

続きを読む
2006年04月29日
ピエロと王様

ホームズ、今日の「とっておき話」の
ホームセンターからは・・・

みなさん、ピエロってご存知ですよね。

昔、お城に住んで王様近くにお仕えする人。
背が低くて、とんがり帽子をかぶって、
鼻をことさら強調するかのようなメイクアップを
している人です。

皆の嘲笑のなか、おどけて
場の雰囲気を盛り上げたりするのが
お仕事なんでしょうか。

いつも馬鹿にされるピエロですが、
でも、このピエロ、
王様と深〜いつながりがあって、
大臣たちが遠慮して言えないことを、
茶化して言ったりするんですよ。

例えば、王様の酒癖の悪さを諫めたい、
でも大臣や側近たちは言いづらい、
そこで、ピエロが呼ばれるんですねー。
「おい。お前。王様の酒癖の悪さを
 なんとかしろ。」

そこで、ある時ピエロは王様の御前で、
パントマイムをおもむろにやるんですな。
すなわち、べろんべろんに酔ってみっともない姿を
ユーモアたっぷりに演じます。
賢い王様は“ハッとしてGOOD”(知ってます?古い?)と
なりますな。
「ああ、そうか。俺はこんなにもぶざまに見えるのか。」と
酒を控えるでしょう。

え? それは良い王様の話でしょうって?
悪い王様ならどうかって?
分かり切ったことをおっしゃいますな。
当然、処刑かその場で死罪でしょ。

だから、ピエロって顔や仕草に似ず、
時として命がけの仕事をこなしていたんです。
ピエロの道化をはずすと、
きっと深い苦悩と悲しみがあったんでしょうね。


拉致被害者のために、
北の独裁者の前で、
南のパフォーマンス大好きの大統領の前で、
命がけのパントマイムを演ずるピエロはいないのかな。


2006年04月25日
またまた韓流

ホームズ、今日の「とっておき話」の
ホームセンターからは・・・

また派手にやってくれましたね。
韓国ノ・ムヒョン大統領

問題先延ばしと批判もされた今回の
竹島領有をめぐる、調査船派遣問題で
とにもかくにも外交的に危機を避ける方向で
一致したはずなのにね。

外交交渉を無視するかのように、あえて、
韓国国民に向けて演説するあたり、
「勇み肌のお兄ちゃん」的気質が爆発でした。

どうやら、彼の頭は、
来る統一地方選挙対策一色だったのでしょう。
支持率アップには日本をたたくのが一番です。

こうした「妄言」(韓国マスコミが大好きな言葉ですね)
を堂々と発信する韓国には、
「相手が日本なら何を言っても許される」という甘えと、
国家としての未成熟さを感じてしまいます。
こうした一方的いいがかりには確かに
政府が言うとおり「冷静さ」が必要でしょう。

ただ、今まで、自国の立場を強く主張してこなかった
日本の責任もあるのです。

例えば、「侵略」を「進出」に書き改めさせた、という
教科書誤報騒動。(これをきちんと読者に謝罪し、
検証をしたのは産経新聞だけです。)

そしてなんと、誤報が発端なのに、
これ以降「近隣諸国条項」という決まりごとが
歴史教科書を縛ってしまいます。

例えば、「従軍慰安婦」問題。
(そもそもこの言葉自体が史実に反する造語です)

旧軍が慰安所に関与したとの証拠資料が何も無いまま
「総合的に判断した結果、一定の強制制がある。」と認めてしまった
河野官房長官(当時)談話など。

こうした完全に間違ったメッセージを送れば、
韓国もその気になってしまうでしょう。

そしてあえてこうした誤ったメッセージをせっせと
送る政治家
(いわゆる親韓派とか親中派と呼ばれる人たち。
最近の与党では、公明党と二階経産省大臣が突出してます。)、
官僚、学者、ジャーナリスト
(たいがいが左派系。別名は「進歩的文化人」ともいいます。)、

この人たちの犯した罪はあまりにも重いのです。



 


2006年04月20日
これも韓流?
韓国がやはり変です。

韓国といえば、ここしばらくの
韓国ドラマや映画の人気のおかげで、
韓流ブームを引き起こし、
ヨンさまはじめ韓国の俳優たちも一気に
日本で爆発しました。
それでも、
かの国は「近くてさらに遠い国」というイメージが
ぬぐえません。
同じ民主主義国家なのかさえ疑問です
続きを読む
Categories
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク