裁判 ☆ ホームズをホームズがこのブログで語ります!裁判 ☆ ホームズはおまかせください!!



トップ>カテゴリー:裁判 ☆ ホームズ

裁判 ☆ ホームズ

裁判 ☆ ホームズについてのページです。
裁判 ☆ ホームズについて新着順に記事を並べています。

裁判 ☆ ホームズ

2006年10月04日
安倍晋三首相 訪中もいいけど

ホームズ、今日の「とっておき話」の
ホームセンターからは・・・


「わが国はサンフランシスコ講和条約により裁判を
 受諾
しており、国と国にとの関係においてこの裁
 判に異議を述べる立場にありません。」

え、これって、安倍総理の答弁??┌(-_-)┐

 ■  ■  ■  ■  ■  ■


後藤田正晴氏−A級戦犯には「結果責任」
(05.7.13
    朝日新聞15面「オピニオン」から)

(宮田論説副主幹)
東京裁判を受諾した51年のサンフランシスコ講和
条約11条について、
判決は受け入れたが、裁判全体を認めたわけでは
ない
」という意見があります。

(後藤田正晴氏)
負け惜しみの理屈はやめた方がいい。サンフランシ
スコ講和条約は、戦後日本が国際社会に復帰し、新
しい日本を築く出発点だ。それを否定して一体、ど
こへ行くんですか。
 東京裁判にはいろいろ批判もあるし、不満もあっ
た。ただ、
裁判の結果を受け入れた以上、それに今
更異議を唱えるようなことをしたら、国際社会で信
用されるわけがない。
条約を守り、誠実に履行する
ことは、国際社会で生きていくために最低限守らな
ければいけないことだ。

おさらいすると、


サンフランシスコ講和条約第十一条【戦争犯罪】

日本国は、極東国際軍事裁判所並びに日本国内及び
国外の他の連合国戦争犯罪法廷の裁判を受諾し

且つ、日本国で拘禁されている日本国民に
これら
の法廷が課した刑を執行するものとする。

これらの拘禁されている者を赦免し、減刑し、及び
仮出獄させる権限は、各事件について刑を課した一
又は二以上の政府の決定及び日本国の勧告に基くの
外、行使することができない。

極東国際軍事裁判所が刑を宣告した者については、
この権限は、裁判所に代表者を出した政府の過半数
の決定及び日本国の勧告に基くの外、行使すること
ができない。

ポイント2つ

 ‘本語の赤の部分は、英語では、
 
Article 11

Japan accepts the judgments of the
International Military Tribunal for
the Far East and of other Allied War
Crimes Courts both within and out-
side Japan・・

つまり「受け入れる(accepts)」のはjudge-
ments である。これは「諸判決」の意味で、裁判
ならtrial のはず。

◆,海両鯤犬量榲

 本来講和条約を結び、独立をすれば、それ以前
 の裁判の判決には縛られないのです。

 しかし、「黄色いサル」に植民地支配の甘い汁を
 吸う特権を奪われた欧米の権力者は、
 「日本にはそんな権利は与えない、
  
あいつらは独立しようが、今回のこの裁判の刑
  の執行は受け継いでもらう

 という嫌悪感むきだしでいれたのがこの条文。

以下の独立後の政府答弁が雄弁に物語っています

○「第11条は戦犯に関する規定であります。戦犯
 に関しましては、平和条約に特別の規定を置かな
 い限り、
平和条約の効力発生と同時に、戦犯
 に対する判決は将来に向かって効力を失い、
 裁判がまだ終わっていない者は釈放しなけれ
 ばならないというのが原則
であります。

 従って、
11条はそういう当然の結果にならない
 ために置かれたもの
でございまして、第一段にお
 きまして、日本国は極東軍事裁判所その他連合国
 の軍事裁判所によってなした判決を受諾すると
 いうことになっております」

 (条約締結翌月の昭和26年10月17日、
  衆院平和条約及び日米安全保障条約特別委員会
  にての、西村熊雄外務省条約局長の答弁)

○「裁判の効果というものを受諾する。この裁判が
 ある事案に対してある効果を定め、
その法律効果
 というものについては、これは確定のものとして
 受け入れるという意味
であると考える」

 (昭和26年11月14日、衆議院法務委員会で
  の大橋武夫法務総裁(今の法務大臣)の答弁)


と、こんなに明快に述べているのに、経緯は知らな
いが、その後(平成10年3月の参院予算委員会)
に答弁内容が変わります。

「(裁判という文言と判決という文言の間に)特段
 の意味の差があるとは考えておりません」

・ ・ ・ これが平成の条約局長の言葉かねぇ。

が、どう考えても独立直後に述べられた答弁の方に
正当性があります。

この事実を後藤田氏は当然知っているわけで、歴史
を直視して、勇気を持って、真実を述べて欲しかっ
たところです。

   ▼   ▼   ▼   ▼

百歩ゆずって、

「判決を受け入れる」=
    「裁判を受け入れる」

でも、これを認めたら、とんでもないことになって
しまいますよ。

<疑問1>

新約聖書で、イエスは結果的に「判決」を受け入れ
十字架刑に処せられるのですが、= ということは
この裁判(イエスがユダヤの王と偽証した犯罪人で
あるという事実)をイエスも、信者も受け入れてい
るという事になるのでしょうか?

<疑問2>

ガリレオは宗教裁判で地動説を捨てることを宣誓し
ました。ということは、この裁判を受け入れ、地動
説は捨てたことになります。
(ではなぜ、ヨハネパウロ2世はこの裁判を誤りと
 認め謝罪したのでしょう。当のガリレオが裁判を
 受け入れているのに。)

<疑問3>

ジャンヌダルクは異端審問裁判で死刑を宣告され、
火刑で処刑されましたから、やはり異端者決定!

<疑問4>

昭和の思想裁判で裁かれた多くの共産主義思想者は
判決に従ったから、裁判も受け入れたのだ!!
治安維持法は正しい!!?


ねぇ?

日本は国際社会に復帰するため、理不尽な判決を受
け入れはしたけど、東京暗黒裁判の戦争史観や歴史
認識を受け入れたなんて、一体当時の誰が述べてい
るのですか。

安倍首相は、このようなことは当然ご存知のはず。

なぜ、屈辱的なこんな答弁をしたのか。

対中・韓訪問との取引なのか。

アメリカから、東京裁判史観でクレームがついたか
もしれません。首相のライフワークである、拉致の
解決にはアメリカ抜きでは無理ですから。
(東京裁判史観に疑義をはさむ見解は多くのアメリ
 カ人も支持しないし、頼みのブッシュ大統領も中
 間選挙を抱えていますしね)


これが今までの安倍支持者離れを起こす序章となら
ないことを祈っています。


 


2006年09月23日
逆転裁判、視点も逆転。

ホームズ、今日の「とっておき話」の
ホームセンターからは・・・

どうなってるの、と叫びたくなる事件の数々。

[電車停止]JR東海社員 酔って京浜東北線止める 
 
 酒に酔って電車を緊急停止させたとして神奈川県
 警鶴見署は21日、横浜市磯子区丸山、JR東海
 社員、佐藤勉容疑者(39)を威力業務妨害容疑
 で逮捕した。
             9月21日  毎日新聞

[酒気帯び検挙]朝日新聞記者を書類送検へ 
 
 朝日新聞甲府総局の中川裕史記者(27)=甲府
 市相生=が、道交法違反(酒気帯び運転)容疑で
 山梨県警甲府署に検挙されていたことが分かった。
 武内健二・朝日新聞東京本社編集局長は「飲酒運
 転による事故の悲惨さを伝え、紙面を通じて運転
 手の自覚を促している報道機関の一員として、情
 けないとしか言いようがありません。深くおわび
 いたします。私たち自身をさらに厳しく律し、社
 会的責務を果たしていきたいと考えています」と
 のコメントを出した。
            9月20日  毎日新聞

<飲酒運転>副検事、酒気帯び運転の車に同乗
 
 
宇都宮地検足利支部(栃木県足利市)の30代の
 男性副検事が6月、酒気帯び運転で現行犯逮捕さ
 れた知人女性の乗用車に、逮捕直前まで同乗して
 いたことが分かった。同地検は副検事を道交法違
 反(酒気帯び運転ほう助)容疑で取り調べたが、
 女性に運転を要求するなどの言動がなかったため、
 立件は見送っていた。同地検は副検事の処分を検
 討している。
            9月22日  毎日新聞


とんでも犯罪や事件が起きる中、これも疑問でした
ね。東京都の「国旗国歌」をめぐる処分は不当と
のニュース。

 嵌酬茲蓮国旗掲揚・国歌斉唱は有意義としながら
  も
日の丸、君が代が軍国主義思想の精神的支
  柱
だったことに触れ、起立・斉唱拒否に理解を示
  した」
 との事です。

二つほど疑問があります。

1 TVで「全面勝訴」と書かれた紙を見て喜んでい
 る人を見ると、40〜50才台の人らしいが、この
 訴訟をしている400人以上の教員の中で、「軍国
 時代」を体験してトラウマになっている人はどれく
 らいいるのだろう。

→ 直接体験しないで、起立も斉唱もできないほどの
 精神的苦痛を抱えるような体験とはどのようなもの
 なのでしょうか。
単にイデオロギー闘争の手段とし
 て国旗国歌を利用しているだけではないですか?
 あるいは歴史の授業などを通して、その筋の人達か
 ら仕込まれた「国家」=「悪、暴力装置」という
 論理にマインドコントロールされているだけなので
 はと思えます。

2 杉浦法務大臣が、例えばイギリスの国旗を例にあ
 げて、どの国の国旗も「血にまみれている」歴史が
 あるという趣旨の発言をしたと伝えられているが、
 しごくまっとうな発言です。内戦であれ、他国との
 戦争であれ、
かつて一度たりとも戦いの場に国旗が
 ひるがえらなかった国があるのでしょうか。

 いずれの国にも、「栄光」の歴史があり、一方で語
 りたくない「屈辱」の歴史もあるのです。
 人間が完全でないように、国家の歴史も完全でなど
 ありえません。それを認めることができて初めて、
 他の国の歴史も尊重できる精神性が養われます。


◆峩疑Πは式を妨害したりするのは許されないが、
  
自らの思想や良心の自由に基づいて国旗掲揚
  や国歌斉唱を拒む自由を持っている」
 とも判決は述べている。

→ 公務員は服務規程により思想信条が制限される場
 合があると思いますね〜。
 雇用の際の履歴書での「思想信条」の項目には、ほ
 ぼ間違いなく「穏健中立」と記入しているはずです。
 
国旗国歌法、指導要領、都の通達に背かねばならな
 いほどの「思想信条」とは何なのでしょう。

・・・ 

 国旗や国歌を敬う自然な気持ちがあっても、例えば
 のちに自分が信仰した宗教上の理由から、その最高
 神を差し置いて、一国家を称える旗をあがめたり、
 歌を歌うことはできない・・・

 あるいは、
 「日の丸は中国を侵略し、罪亡き人の命を大量に奪
  った旗、(ヒロヒトの名の下に多くの国民が命を
  おとした)国歌はそのヒロヒトを称える歌、私に
  はできない、それをすれば、侵略をした側に加担
  してしまうのだ・・・どうすればいいんだ!」

そうした板ばさみに立って苦悩する教師たちに、容赦
なく都教委は「処分」を盾に強制を迫る

・・・
裁判官はこんなイメージを想像されているのでしょう
か?


だとすれば、実態をよく調べもせず、誤った想像が生
んだ全く見当違いの判決です。

実態を知るためには、国旗国歌法の制定過程や、国旗
国歌に異常に反対する教職員組合、その支持団体など
のこれまでの行動 〜職員会議の様子、狭間に立って
自殺までしなくてはならなくなった校長や、校長に土
下座を迫った小学校の存在、卒業式や入学式の様子な
どなど〜 を知ることが絶対必要なのです。

産経「主張」から。(下のほうの「主張」です)

こちら「正論」から。

もっと、知りたい人はこちら。

都教育委員会はいかなる処分も
             してはならない
 との判決は、
これを錦の御旗にして、再び特定イデ
 オロギーを支持する教職員組合などの集団により、
 異常な卒業式や入学式が繰り返されるおそれが十分
 にあります。

この際、こうしたイデオロギーを職員会議などで「強
制」される
校長や一般の教職員の精神的苦痛は、
誰が補償
するのか、また、
こうした教えを一方的に
浴びせ続けられて、我が子が国家を意味もなく嫌う
「地球市民」のような無国籍の怪物になっていく様を
保護者はただ手をこまねいて見ているしかないのだろ
うか。

産経抄が言っているように、それなら、そうした教
師がいる学校名を明らかにして、入学選択の判断
基準にさせてもらいたい
ものです。せめてもの自己
防衛ですから。


最後に、国旗国歌に反対する教職員たち。

そんなに国旗国歌がきらいなら、公立学校の教師など
辞めたまえ。
給料は君たちが大嫌いな国家から税金で
もらってるのでしょう。そんな格好悪いことやめて、
私立の学校か塾にでも行きなさい。

国からふんだんに行政サービスを受け、国から給料も
もらって自分の身はしっかり確保しておきながら、
「軍国主義」の象徴に反対する正義のヒーローを叫ぶ
のは、一国平和主義を叫ぶのと同じように、あまりに
偽善的で身勝手な理屈に思える。
国という巨大権力相手に闘うというのは、すごくカッ
コよくヒロイズムを満足させるでしょう。デモをやる
と病み付きになるというあの心理ですね。
でも、
今回のあなた方の旗振り役の人たちの素性を
調べてごらん。
あなたはその人たちに踊らされている
のだと思いますよ。


2006年09月17日
逆転裁判 オウムにはない!

ホームズ、今日の「とっておき話」の
ホームセンターからは・・・

 

坂本弁護士一家殺害事件は幼い命もようしゃな
く抹殺した事件であり、今も忘れることはできませ
ん。
僕の手元に、平成8年(96年)3月13日掲載の
「中川智正被告の検察側冒陳要旨」の朝刊がありま
す。改めてこの要旨を読むと、この教団がいかに血
も涙もない、宗教の皮をかぶった悪魔であるかが分
かります。


『生きてかえれ! 坂本弁護士一家殺害事件 
    5年10ヶ月の軌跡 そして「真相」』

にはさらに詳しい経緯やその後のことが記されてい
ます。[
事件を風化させぬために] その犯行状況を
抜粋します。


[犯行状況]

被告人ら実行犯六名は、(平成元年十一月)四日午前
三時ころ、坂本弁護士方に侵入した。 そして、まず
端本が、いきなり眠っている坂本弁護士の身体の上に
馬乗りとなり、同弁護士が目をさますや、声を上げさ
せないようにするため同弁護士の顎を手拳で数回殴打
し、次いで、岡崎が、上半身を起こそうとした坂本弁
護士の背後に回り込み、右手を同弁護士の首に回して
同弁護士の着衣であるパジャマの左奥襟辺りをつかん
だ上、それを右方向に引っ張り、パジャマの布地を使
って同弁護士の首を絞めた。 坂本弁護士は、背後か
ら首を絞め付けている岡崎を振り払おうとして必死に
抵抗したが、岡崎を振り払うことができないまま、間
もなく、その場で窒息死した。 

一方、新実は、寝室に入ると、すぐに、同室で寝てい
た都子の身体の上に馬乗りとなり、騒がれないように
同女の口を両手で塞ぐなどして同女の身体を押さえつ
けた。都子は、苦痛を押して
「子供だけはお願い」
などと龍彦の助命を哀願した。 

この間、傍らで寝ていた龍彦が、目を覚まして泣き声
を上げたことから、同児の側にいた被告人は、龍彦に
声を上げさせないようにするとともに、同児を窒息死
させるため、その場にあったタオルケット様のもので
同児の鼻口を押さえ、それを数分間続 けたところ同
児がぐったりした。 被告人は、都子の背後から、右
手を同女の首に回した上、同女の首を絞め続け、間も
なく、その場で同女を窒息死させた。 また、都子か
ら離れた新実は、被告人の前記暴行によってぐったり
し、けいれん状態を引き起こしている龍彦を殺害する
ため、同児の鼻口を手で押さえ続け、間もなく、その
場で同児を窒息死させた。
(以上、先のHPより)

     ▼   ▼   ▼

犯行後、この悪魔たちは、三人の死体を別々の県に埋
めておけば、捜査が進展しにくくなるのではないか

考え、長野県の湿地帯に龍彦ちゃん(1歳)を、新潟
県名立町の山中の雑木林内に坂本弁護士(33歳)を
富山県魚津市内僧ヶ岳の山中に妻郁子さん(29歳)
を埋めたのでした。北陸を選んだのは、「蟹」が食べ
られるからでした。

    △   △   △

遺体が発見されたのは、平成7年(95年)9月、殺
害後およそ6年が経過していました。

遺体捜索の際、龍彦ちゃんはご両親が発見されてから
もなかなか見つかりませんでした。
坂本弁護士の母親さちよさんは、何度も何度もこう語
り続けたそうです。
「郁子さん、堤、早く龍彦を捜してあげなさい、
 早く迎えに行ってあげなさい。」 

そして、龍彦ちゃんには、
「龍彦、大きな声で泣きなさい。
 お父さんやお母さんに聞こえるように泣きな
 さい。そうしたら、お父さんとお母さんたち
 が迎えに来てくれるよ。」

・・・

小さな龍彦ちゃんの遺骨を探し出す捜査関係者の苦労
も並大抵のことではなかったと思います。でも捜査員
達は休憩交代の時間になっても誰一人として申し出ず、
必死に捜索した様子が伝えられました。
「一刻も早く親子一緒にさせてあげたい。」
そんな思いが伝わりました。
9月24日に葬儀を済ませ後、26日に行われた共同
記者会見の席上で、さちよさんは、
「初動捜査の大切さを感じているが、龍彦の小さな体
 の骨の一つ一つを捜してくれたことに本当に感動し、
 感謝してます。」
と涙ぐみながら語ったとあります。
「龍彦をだっこするように、堤と郁子さんは骨つぼに
 入ってくれました。」と三人を一つの骨つぼに入れ
たことも。


   ▽   ▽   ▽

平成7年4月、本来なら、龍彦ちゃんは横浜市立陽光
台第一小学校の一年二組に入学する予定
でした。
さちよさんは、ランドセルを注文。いつ帰ってきても
いいように、代わりに小学校の入学式に出席、教科書
も準備していました。龍彦ちゃんの晴れ姿を楽しみに
入学用のブレザーも用意しました。そして、龍彦ちゃ
んの無事を祈りつつ、詩をつづったのです。

  
「龍ぼうの入学式  二年生のお歌が終わった。
 ピアノの音で、おじぎした。
 腰掛の下で真新しい上履が、揺れ出した。
 一組、二組、三組と、どの足もゆれている。
 教頭先生のお話で足は止まった、白にブルーの上履、
 再び動く、子供の足、
 龍ぼうの足だけが揺れない、
 一緒に揺れない。
 たいくつした足がブラブラ動く、
 龍ぼうの上履は、袋の中。
 
 いつ一緒に揺れるのだろう、
 可愛い足よ、上履よ、早く、早く、揺れてほしい。
 教科書は、算数、国語、生活科・・(略)

 郁子さん、貴女の楽しみなのに、
 代役をする私は悲しい。
 貴女の笑顔は、何時ですか。
 ランドセルを、買いました。
 堤、郁子さん、ごめんなさい、
 洋服、靴も、上履も、名前を入れたのは私です。
 郁子さん、ごめんなさい。
 貴女の帰りが、余りにも遅いので、
 仕方なく書きました。
 一年二組、さかもと・たつひこと書きました。
 
 寂しい一日でした」


この5ヵ月後に、遺体は発見されたのでした。
さちよさんが用意したブレザーは、密葬の際、遺体捜
索に加わった捜査員によって龍彦ちゃんの遺体にそっ
とかけられたということです。

 ・   ・   ・   ・

松本智津夫(麻原彰晃)が極刑になるのは当たり前。

しかし、法廷の裁きの前で、死ななくてもよい命をこ
れだけ多く奪ったその罪を自覚させ、一瞬でも、焼け
付くような胸の痛みや、しぼりだすような人としての
肉声をひきだすことすらできなかった、いやひきだそ
うとさえしなかった松本弁護団には、もう人間の生死
を審理する資格も人格も備わっていない。
そう思ってしまうのです。

また、破防法を適用せず、この危険な集団がいまだに
解散させられていない現実を、当時、破防法反対を叫
んでいた識者、マスコミは、どうか逃げないで、当事
者意識を持ち続けていただきたい。

坂本弁護士事件で、大きな汚点を残し「死んだ」(筑
紫哲也談)はずのTBSは、その後も重大なミス(あ
えてミスとしておきましょう)を続けています。
あなた方の報道姿勢は大丈夫ですか?


オウム事件で亡くなられた方々、いまだに苦痛のうち
にある方、ご家族の上に、どうか癒しが一刻も早く訪
れますように。

 


Categories
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク